土地活用の悩み解決|空室を有効活用したいならairbnbを代行業者にお願いしよう

空室を有効活用したいならairbnbを代行業者にお願いしよう

土地活用の悩み解決

積み木と紙幣

自宅以外にも不動産を所有している世帯にあっては、土地活用は悩ましい問題であるといえます。預金や有価証券などの流動性の高い資産と違い、不動産の活用には時間がかかることが一般的です。相続税の基礎控除額が以前と比べて削減されて相続税対策の重要性も増してきている現在にあっては、相続税対策としても早めに土地活用を考えておくことが重要になってきています。相続税対策として節税効果のある土地活用方法としてはアパート経営を行うという方法があります。アパート建設資金を金融機関等から借り入れすることによって、相続対象となる資産額を減らして相続税を低く抑えることが可能となります。なお、節税効果を検討するにあたっては事前に税の専門家である税理士に確認してから行うことも重要なポイントとなります。

節税効果のあるアパート経営ですが、空き室リスクなどのリスクが存在することも事実です。空き室による家賃収入減少のリスクを低減する方法として、いくつかの会社が提供している家賃保証サービスを利用するという方法があります。家賃保証サービスを活用すれば実際の入居率にかかわらず当初に契約した通りの一定の家賃収入を安定して得ることができます。こうした家賃保証サービスを利用する場合、満室の場合と比べると手元に入ってくるお金は少なくなります。しかし、入居者の転居等で生じた一時的な空き室による収入の減少などを気にせずに安定してアパート経営を行えるというメリットがあります。相続税対策としてのアパート経営は自分一代だけでなく子供たちの世代に引き継いでいくことが前提ですので、家賃保証サービスの利用の有無も含めて自分だけでなく家族も交えてしっかり相談してから開始するのがよいといえます。