空室を有効活用したいならairbnbを代行業者にお願いしよう

土地活用の悩み解決

積み木と紙幣

いわゆる土地持ちの世帯にあっては、土地の有効活用と相続税対策は頭の痛い問題です。節税効果の高い土地活用方法としてアパート経営を行うという方法があります。家賃保証サービスなどを利用して節税対策でアパート経営を始めようと考えているのであれば、自分だけで決断せずに家族ともしっかり話し合うことが大切です。

もっと見る

定期的な調査の実施

お金

家賃を見直すことによって空室対策を実現できるのが家賃相場の調査をするメリットになります。家賃を下げてしまうとまた上げるのは難しくなるため、設備投資などで現状の家賃に見合った物件にするように心がけるのが良い方法です。

もっと見る

確実な収入源を得るために

アパート

不動産投資を行なう上でマンション経営の契約を安心して行うためにも、契約日当日の変更を簡単に認めないよう気をつけましょう。またマンション経営の向き、不向きを考えることも大切となります。マンション経営はハイリスクハイリターンの投資ではなく、安定性が魅力です。長期間で安定した利益を得たいなら、マンション投資に向いています。

もっと見る

空室の収益化に貢献

説明

チャンスを逃さない

空室を収益化する新たなビジネスとして、民泊サービスのairbnbが注目されています。日本におけるairbnbの歴史はまだ浅いですが、世界ではホテルに変わる安価な宿泊手段としてメジャーな存在です。airbnbではオーナーをホストと呼び、利用客はゲストと呼ばれます。ホストがゲストを迎えるスタイルは宿泊施設と同一ですが、ゲストの多くは外国人観光客です。予約を含めて問い合わせは各国または英語でやり取りするため、ホストの多くが代行サービスを利用しています。例えばまったく言葉が通じない場合、ゲストは利用をあきらめてしまうため、せっかくのチャンスを逃してしまうでしょう。そんなチャンスロスの防止策としても代行サービスが活躍し、さらに鍵の受け渡しや内装も相談できます。

理想を実現するために

airbnbの代行サービスは数々のプランが用意され、要望に合わせて選択可能です。完全運用代行も選択できますが、チェックインサポートや清掃の手配など、一部に限定する方法もあります。代行サービスによって料金システムが変わるため、まずはサイトを活用して比較検討しましょう。時間をかけて比較することで、理想の代行サービスに出会うきっかけとなるはずです。ビジネスとして注目されるairbnbですが、趣味や定年後の時間を利用して運用するホストもたくさんいます。実際にゲストを観光案内したり食事を提供したりするのもアイデアのひとつであり、評判があっという間に広まるのです。ホストの意向も代行サービスがサポートしてくれますので、ビジョンを明確にしておくと実現までがスムーズです。